レーシック 老眼

レーシック手術で近視も老眼も回復するの?

レーシックと老眼治療

私の周りでもレーシックで近視の治療をする人が随分と増えてきました。

 

実際にレーシックの手術をした人の話を効くと安全性も高く値段的にも手頃になっているし、レーシックは思った以上に身近になっているようですね。

 

長年メガネで不自由な生活をしている私としてはとても気になるところですが、40歳を過ぎると老眼が始まりますので、レーシックと老眼の関係が気になります。

 

このまま遠近両用メガネの生活はつらいですし、スポーツ選手や芸能人の多くもレーシックを行なっているので私もしたいとは思うのですが、レーシックで遠くは見えるようになっても、数年で老眼が進んで近くを見るのに老眼鏡が必要なってしまうことは無いのか心配です。

 

既に老眼が始まっている場合にもレーシックの治療はできるのかとか、レーシック手術をすると老眼が早まるなんて話もあるようですので、少し調べてみました。

 

老眼でもレーシック治療はできる

先ず、結論から言うと老眼でもレーシックは可能なんですね。少し前までは、老眼の場合にはレーシックはできないと言われたこともあるようなのですが、技術は常に進歩しており、様々な治療方法が確立されてきています。

 

レーシック自体が新しい治療法ですし、老眼の治療となると更に歴史も浅く、対応する病院も多くはありませんが、色々な治療方法が選べるようになってきていますので、老眼になることを考えて、レーシックをためらう必要は無いと感じました。

 

レーシックすると老眼が進むのか?

近視のレーシック治療を受けると早く老眼になると聞いたことがあったので、調べてみると、遠くが良く見えるようになるために、近くが見えにくいことが気になり、老眼の症状が目立ってしまうことが原因のようです。

 

レーシックを行なってしばらくの状態が安定するまでの期間は近くが見えにくくなる症状があるようですが、老眼が早まるとかひどくなるようなことは無いのだそうです。

 

老眼治療の方法

以前は、効き目を遠くが見えるように、もう片方の目を近くを見るように調整する「モノビジョンレーシック」と言う方法が主に行われていたそうですが、左右の見え方が違うために慣れない方もいるようです。

 

他にもCK(伝導式角膜形成術)、遠近両用の白内障手術、Add-On(アドオン)レンズなどがあります。

 

最新の方法では、スープラコアと言う、エキシマレーザーを使用して角膜を遠近両用のコンタクトのよう変形させる遠近両用レーシックで、2011年5月にEU加盟国における安全基準を満たしており日本でも治療が始まっています。

 

アキュフォーカス(別名:レーシックカムラ)は、両目のレーシックの治療と同時に「カメラインレー」と呼ばれるコンタクトレンズよりも小さい直径3.8ミリ・厚さ5ミクロンの黒いレンズを角膜内に挿入することでピンホール効果で近くも見えるようにするものです。

 

手術もわずか10分で終わりますし、あとからカメラインレーを取り出すことも可能ですし、既にレーシックを受けていても治療が可能とのことです。

 

どの方法が適しているかは、角膜の厚さや形状、年齢、近視や老眼の状態などにより異なるでしょうから、老眼治療とレーシックが行える眼科専門医で相談をされてみてはいかがでしょう。

 

>>レーシックの落とし穴|老眼が気になる40歳アラフォーは要注意!
このサイトでも老眼とレーシックに関して色々と書かれていまいたので参考になると思われます。