老眼治療CK

老眼治療CK

いつの間にか老眼も治療ができる時代になっているのですね。

 

アメリカの食品医薬品局(FDA)が認可している唯一の老眼矯正技術でCK(伝導式角膜形成術)です。
米国Refractec社で開発された治療方法でConductive Keratoplastyの頭文字を取ってCKと呼ばれています。

 

この治療法の特徴としては、レーザーで切除したりメスを入れたしすること無く、高周波のラジオ波を使った安全性のとても高い最先端の医療技術なのだそうです。

 

角膜の外周にラジオ波を当て、角膜のコラーゲンを収縮させることで角膜のカーブを変えて老眼を矯正するので、角膜を削るのには抵抗がある方はにはよさそうです。

 

既に世界中で10万件以上の実績がある治療法となりますが、遠くの視力が多少下がるリスクがるようです。

 

老眼治療CKは、既にレーシックをしている方や白内障の手術を受けている人でも治療できるのが嬉しいですね。CKの治療後も白内障や緑内障の手術も問題なく行えるそうですから安心です。

 

実績も豊富な老眼治療方法のCKですが、日本国内となると施術できる医院は限られているようです。

 

CKの他にもレーシックカメラなど色々な老眼治療の方法が行われていますので、自分にあった方法など信頼出来る実績豊富な専門医で先ずは相談されてみてはいかがでしょう。

 

老眼治療CKの治療を行なっている主なクリニック⇒東京近視クリニック