遠近両用のコンタクト

遠近両用のコンタクト

私の場合は少し老眼が始まっていたので、遠近両用のメガネで、運動をする時だけコンタクトレンズをしていました。

 

スキーの時もコンタクトをして滑るのですが、ふと気付くとレストランでメニューの文字が見えないのです。正直これはショックでしたね。メガネの方は早めに慣れた方が良いと遠近両用に段階的に矯正していたので気付かなかったのですが、いつの間にかしっかりと老眼になっていたようです。

 

さすがにメニューが読めないのは困りますので、新しいコンタクトを買いに行ったのですが、遠近両用で1dayタイプは発売されていないいとのことでした。

 

コンタクトは頻繁にするわけではないので1dayの使い捨てタイプを使っていましたが、遠近両用は、2週間使い捨てとなるため、私の利用方法には合いませんでした。

 

先生の話では、遠近両用コンタクトは値段が2倍以上で見え方もメガネのようにハッキリとは見えないとのことです。

 

近視の度数を少し下げて近くを見えやすくするか、左右の度数を変えて片目を近くにもう片方を遠くを見えるようにするなどの対応になるようです。

 

その時は、メニューの見やすさは諦めて、同じ度数の1dayにしましたが、そのころから近くも見える老眼に対応したレーシックを真剣に考えるようになりました。