目の負担を減らして老眼を予防

まずはテレビゲームの時間を減らすことから

40代になると、そろそろ近くの物が見えづらくなったり、老眼の症状に悩む人が増えてくることと思います。
しかし、できることならなるべく老眼を先延ばししたいもの。

 

そこで私が始めたのは、普段から目の負担を減らして、老眼を予防することです。

 

まず、子供と一緒にテレビゲームなどする時間を減らします。

 

テレビゲームは1点を集中的に見続けるので、目への負担が大きく、長時間続けるとショボショボ疲れてきます。これらの時間を減らすことで、まず目へのダメージを軽くします。

 

次に暇があったらなるべく遠いところを見るように心がけます。山があれば最適ですが、無い場合もなるべく遠くの景色を見るように心がけ、近くのものやパソコンばかり見がちな目を少しでも休ませるようにします。

 

また、ファッション性の高いコンタクトレンズを使用することを諦めて、メガネを愛用するようにしています。

 

メガネはコンタクトレンズより目への負担が少なく、日々レンズを綺麗に保てば快適に使用することができます。

 

はお洒落なメガネも多数販売されているので、ぜひ自分に合ったメガネを愛用して少しでも目への負担を減らすことをお勧めします。

 

これらの地道な努力を続ける事で、少しでも老眼になる日が遠くなることを期待しながらコツコツ予防対策を続けています。