モノビジョン

モノビジョンとは?

 

老眼の人がレーシックで近視を治療した場合に、近くが見えにくくなることがありますが、モノビジョンとは左右の見え方に違いを付けて、近くも見えやすくする方法です。

 

目には利き目があることはご存知だと思いますが、左右の目にはそれぞれに役目があり、利き目は遠くを見ることに使用し、利き目でない反対の目は主に近くを見ることに使っているのだそうです。

 

このことを利用して、利き目でない方の矯正を弱め、近くも遠くも見えるようにするのがモノビジョンです。

 

遠近両用の理想的とも思えるモノビジョンのレーシックですが、左右の視力に違いがあるために、慣れるために少し時間が掛かるようです。

 

人によっては、この視力の違いに適応できずに眼精疲労や頭痛の原因となることもありますので、事前の十分な対応検査や医師の診療のもとで行う必要があります。

 

視力の違いに適応できる場合には、分かりやすく歴史もある治療法ですので、検討する価値はあると思います。

 

左右に違いを着けないまでも、老眼でなくても過矯正のトラブルは多いようでうので、近視の矯正を弱めるなど、その人にあった調整を行なってもらえる信頼出来るクリニックで治療することが失敗を防ぐのだと思います。

 

モノビジョンを行なっている主なクリニック⇒東京近視クリニック