レーシック 老眼

品川近視クリニックの老眼治療

品川近視クリニックの老眼治療

品川近視クリニックはレーシックの症例数が100万にもおよび世界一の実績です。週末にはなんと1,500人を超える患者さんが来院されるそうです。

 

日本国内で行われている様々な施術に対応しており、老眼に関しても最先端の治療が行われていて、既に多くの症例実績があります。

所在地 東京、名古屋、梅田、福岡
治療内容 レーシックカムラ、遠近両用白内障手術、Add-On(アドオン)レンズ、老眼治療CK、モノビジョンレーシック、遠近両用レーシック(プレスビーマックス)

現在メインで紹介されているレーシックカムラは、近くを見ることに使われる利き目と反対の目の角膜内に小さな黒いリングを入れてピンホール効果で近くを見えるようにするものです。

 

モノビジョンレーシックのように左右の見え方の違いで適応できないケースや老眼治療CKと比べて遠くが見えにくくなるリスクが低く抑えられる画期的な治療方法で実績も豊富な安全性の高いものです。

 

有名人も多数利用を受けており、小柳ルミ子さん、夏樹陽子さん、松本伊代さんなど体験談がホームページで紹介されています。

 

≫品川近視クリニック公式HP